医療機関の探し方

カウンセリング

心療内科と精神科の違い

うつ病かもと感じても心療内科と精神科、どちらに足を運んだら良いのかわからないという方は多いと予測されます。心療内科の場合、ストレスなどが原因で身体に影響を及ぼした際に通うと良いです。例えばストレスが原因で胃潰瘍になってしまったり、下痢や腹痛の腸疾患になってしまったりした際はストレスを解消しなければ改善が難しいと言えます。そのため、内科ではなく心のケアも行なってくれる心療内科に足を運びましょう。また、精神科は主に心の病を治療する場所となっており、抑うつや不眠、イライラしやすい、アルコール依存症などは精神科での治療となります。ではうつ病はどちらで治療を受けたら良いのかと言うと、基本的に心療内科も精神科もうつ病治療を受けることができるため、通院しやすいところがうつ病治療を行なっているかチェックしてから通うと良いでしょう。

専門医療機関の選び方

精神科や心療内科でうつ病治療を受ける場合、しばらくは通院して治療に臨む必要があるため通いやすいところを選ぶことが大切です。うつ病の場合、通院ですら面倒だと感じて途中で治療を投げ出してしまう可能性もあるためなるべくは通いやすい場所を選ぶようにしましょう。通院しながら定期的にうつ病の状態をチェックしてもらうことで、重症化も防ぐことが可能です。また、医師から大丈夫だと判断されると通院をやめてしまうこともありますが、うつ病は一度発症すると再発する危険性があるので日常生活を送る中でちょっとした不調を感じたらすぐに診てもらえるところを選ぶようにしましょう。その他にもセルフチェックも行なうことが大切で、セルフチェックで再発に気づくことができれば治療期間の短縮化にも繋がります。再発してしまうと最初の頃より長期間の治療時間を要することもあるため、できる限りセルフチェックは欠かさず再発予防に取り組むと良いです。